‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

お肌への効能について

2014/05/23

ニキビが気になって、日ごろのメイクアップだけでなくスキンケアが非常に大変だという方は多くおられると思います。メイクの厚塗りは良くないと分かっていても、隠すためにファンデーションを重ねてしまったりして更に悪化させてしまったり、スキンケアに気をつけるあまりいろいろ塗りこみすぎたりと、汗をかきやすい夏だけでなく、水分が失われ乾燥することでより脂性肌が活発になって顔に脂を出す冬も悩みはつきないものです。
ではそうした脂性肌にエッセンシャルオイルが効くのか?というと、これが非常に有効なのです。何といっても精油は植物から抽出される僅かな成分から出来ているので、お肌にとても優しいのです。市販されているスキンケア商品は確かに有効成分といったものが詰め込まれているのですが、それ自体人工物だったりするとやはり肌トラブルの代表格であるニキビに優しいとはいえないのです。肌トラブルに悩んであれこれ顔につけてしまうのは悪循環だったりします。何もつけない自然な状態こそ一番優しいのだとまずは思い直すことからはじめて、その一環としてエッセンシャルオイルを使ったフェイシャルマッサージで心身を癒しながら身体に優しいスキンケアを始めてみませんか。

身体面への効能について

2014/05/23

このエッセンシャルオイルは森林浴を思わせるようなさわやかで落ち着く香りがします。お酒のジンの香りつけにも使用されたりする身近な香りです。このエッセンシャルオイルには古くから心身ともに浄化する作用があるといわれています。頭をすっきりとさせてくれ、集中力を高めてくれる効果も期待できます。
これは古くから薬草としても知られており、チベットでは疫病から人々を守る薬草として知られています。高い浄化作用や殺菌作用があるので伝染病の治療などにも使われていました。
身体面への作用は、体液の循環を促して新陳代謝を高めてくれる効果があります。体内から余分な老廃物を排出し、むくみや肩こり、関節痛や筋肉痛の予防や解消にも効果的です。そして腎臓や肝臓の機能を高める働きもあるので、膀胱炎の緩和にも効果があります。二日酔いの予防にも最適です。
新陳代謝を高めることは心身全体の強壮にも役立ちます。排泄を促す効果もあるので心身を浄化し、健康に保つ手助けを行ってくれます。
このエッセンシャルオイルは腎臓系によい効果がありますが、疾患がある場合には使用できないので注意が必要です。また子供や妊娠中の人にも使うことはできません。高濃度で使用すると皮膚に刺激を与えてしまうことがあるので使用量に注意が必要です。

精神面への効能について

2014/05/23

美しさの証明はお肌と言われていますが、美しい肌を作るにはある程度の時間とこつが必要となります。 美肌作りのポイントは、1)骨格、顔の骨は23個から成り立っています。堅くなったり、ゆがみがあると血行が悪くなってきます。 2)リンパ、リンパが悪くなると顔にむくみが出ます。 3)腸内環境、腸が汚れると、お肌が汚れます。便秘は万病の元と言われています。 以上を集中して意識すれば美容に効果があると言われています。 骨格づくりには、顔ヨガが効果的と言われ、リンパの循環を良くするにはストレッチが良いと言われています。軽いストレッチで血行も良くなり、健康になります。 腸づくりには、腸モミ・腸トレが効果的です。便秘はストレスやダイエットの失敗など精神面が大きな影響を与えていることが知られていますので、アロマセラピーが効果的と言われています。 アロマセラピーの効果は香りを楽しむことが出来ますし、体に吸収させることによりお肌に効果的です。 その他、アロマセラピーの効果は癒しの効果が知られています。 イライラを落ち着かせたい・落ち込みを解消したい・やる気を出したい・集中力をつけたい・ぐっすり眠りたいなど数限りありますが、アロマセラピーの最大の効果は集中力が付くことです。

 

 

主な成分とは

2014/05/23

このエッセンシャルオイルはお酒のジンの香りつけに使用されたり身近な香りです。軽いウッディー調の香りが特徴です。
芳香成分はモノテルペン炭化水素類であるα-ピネンやβ-ピネン、サビネンをはじめ、セスキテルペン炭化水素類であるカリオフィレン、モノテルペンアルコール類であるテルピネン-4-オールを含有しています。α-ピネンなどのモノテルペン炭化水素類にはほぼすべてのエッセンシャルオイルに含まれています。直接的な作用はありませんが他の強い作用を弱めてくれる効果があります。セスキテルペン炭化水素類には抗炎症作用と抗アレルギー作用がります。そしてモノテルペンアルコール類には感染を防ぐ作用と抗ウイルス作用があります。これは毒性がないので安心して使えるものとなっています
そして効能も幅広いです。心への効能としては沈んでしまった気持ちを浄化する作用があり、頭をすっきりさせて集中力を高める効果があります。
また新陳代謝を高めるのでむくみにも効果があります。肌への効能は脂性肌の人にも最適です。殺菌作用、消毒作用をもつのでニキビや吹き出物にも効果があります。デオドラント作用もあるので体臭を抑え、スポーツの後など幅広く使うことができます。

オススメのエッセンシャルオイルのブレンドについて

2014/05/23

北半球に多く生息するヒノキ科の常緑樹で実から抽出されるエッシェンシャルオイルです。
葉や木からも抽出されることもできるのですが、質と香りは劣ります。
森林の中にいるような爽やかなウッディー調の香りでヒノキの香りにも似ています。
リキュールのジンの香りつけでよく知られており、男性用の香水にも使用されています。
心が静まり、落ち着く香りで興奮状態や不安な心を癒します。集中力を必要とする勉強部屋や仕事場にぴったりのエッシェンシャルオイルです。
スキンケアにはあまり使用されませんが、デオドラント効果や疲れた心身を癒しリフレッシュ効果があることから、アロマバスや足浴、キャリアオイルに混ぜてマッサージなどのリラクゼーションとしてよく利用されています。
殺菌、消毒作用に優れており、古くから海外では疫病から人々を守る薬草として。病院の消毒に燻煙して使用されてきました。
利尿作用や老廃物排出作用がありむくみや肩こり、二日酔いを改善します。新陳代謝を高め身体の強壮にも役立ちます。
他のエッシェンシャルオイルとのブレンドでお奨めは、ラベンダーとの組み合わせはリフレッシュ効果が高まります。
ゼラニウムとはデトックス効果が高まります。甘い香りのゼラニウムとの組み合わせは新鮮な香りを楽しむことができます。

オススメの使用方法について

2014/05/23

アロマオイルは香りを嗅ぐことによってオイル特性の効果を得ることができ、アロマランプやディフューザーで温め香りを広く出す方法が現在では広く利用されています。
心のリラックスやケアを目的としたオイルの利用法が数多くありますが、体のスキンケアとして利用することが出来ます。
アロマオイルの中には皮膚トラブル改善に大変効果があるものが沢山あり、にきび改善や毛穴縮小・美白効果等様々です。
スキンケアに利用する際は必ず、アロマオイルを希釈する為のキャリアオイルを使用し、直接肌にアロマオイルを付着させないようにします。アロマオイルは効能をぎゅっと濃縮したオイルですから希釈する事によって身体が精油成分を吸収しやすくなり、またマッサージを行き渡らせる潤滑油としても役立ちます。
もう一つ簡単に身体効果として取り入れる方法として入浴時に湯船にオイルを数摘垂らして入浴するとよいとされています。
浴槽に張ったお湯も前述のキャリアオイルと同等の効果としてオイルを希釈させ体内に取り込みやすくします。
また、温かい湯船にオイルを垂らすことにより、入浴中に香りが広がり体内の効能と共に香りで心身ともにリラックスする効果も得られるので大変オススメです。

注意点について

2014/05/23

この成分を使用する時には、注意しなければいけない点も存在します。
まず、腎臓に影響を与える成分が含まれていますので、腎臓疾患の方は使用することはできません。
無理に使用することにより、腎臓の状態が悪くなってしまう可能性がありますので、腎臓疾患をお持ちの方は十分注意するようにしましょう。
さらに、この成分には子宮の筋肉の収縮を促進させる作用が存在しています。
妊娠中の方は、子宮の働きを最善に保つ必要があるのですが、この成分を摂取することで子宮の働きの乱れを呼び込んでしまうのです。
妊娠している方や、その疑いが強い方で使用されている方は、すぐに使用を中止する必要が出てきます。
このように、体調面に不安のある方は使用に際して十分な注意が必要となってきますが、肌が弱い方やアレルギーをお持ちの方も、お肌につける時には気を付けなければなりません。
この成分をお肌につけた場合、肌に刺激を感じる場合があります。
特に、敏感肌ですぐにお肌が荒れてしまう方は、使用することで肌荒れを引き起こしてしまいますので、使用する時にはパッチテストを行ったり少ない量から使用するようにしましょう。
使用する時には、この注意点を守って使うとよいです。

ジュニパーブランチとの違い

2014/05/23

この成分とジュニパーブランチとは、製造方法などに違いが存在しています。
まず、この成分では、実のみを抽出していくことになります。
小枝や葉も含んでいないという点で、明確な違いが存在しているのです。
実のみを生成していきますので、この成分の方が一般的に値段が高くなっていますので、値段の点から選んでいくとよいでしょう。
さらに、効果の点も違っており、この成分で得られる利尿作用や脂肪やむくみの解消効果は期待できないという特徴があります。
同じ植物を使用しているものの、蒸留する部分が違ってくるため、効果の点でも大きな違いがうまれてくるのです。
特に、ダイエット目的やむくみ解消などの美容面の効果を期待されている方は、商品を購入する際に違いに気を付けなければなりません。
希望する成分を購入するためには、名前の点や値段を確認するのが有効な方法となってきますが、商品によっては成分が違っているものの名前や値段に変わりのないものも存在しています。
この場合には、販売元のメーカーにどの部分を使用しているのか、確認しておくと安心です。
成分を購入する際には、充分な効果を得るためにも自分の求める成分であるのか必ず確認しておきましょう。

歴史について

2014/05/23

北半球に多く生息するヒノキ科の常緑樹の実から抽出されるアロマオイルです。
別名西洋ねずとも言われます。
カクテルのジンの香りつけとしても広く知られている植物です。男性用の香水にも使用されています。
香りはウッディー系の森林の中にいるような深くさわやかな香りで、ヒノキの香りにも似ています。
精神への効能は心が静まり安静をもたらします。集中力を要する場面で、勉強部屋や仕事部屋にぴったりです。
疲れを癒したり緊張をほぐす、心の活力を与えリフレッシュ効果があることからアロマバスや足浴、キャリアオイルに混ぜてリラクゼーションマッサージもよく活用されるアロマオイルです。
精神を浄化する効果もあるとされ、宗教的な祈りの場面での薫香としても使用されていました。
薬草としても利用されていた歴史があり、ギリシャやローマ、アラブ方面では消毒薬として。チベットでは疫病から人々を守る薬草として、ヨーロッパでは枝を燻煙して病院の殺菌として利用されてきました。
身体への効能は、排泄を促しむくみを改善し、新陳代謝を身体を強壮する効果があります。
殺菌消毒作用が強く膀胱炎や尿路感染症などにも使われます。消化器系にも働きかけ、健胃作用、整腸作用があります。